知っておいた方が良い株の知識

株を始める時に注意すべきよくありがちな落とし穴

株はリスクのあるものですから、事前にそのリスクをしっかりと理解してありがちな落とし穴にはまってしまわないように気をつけましょう。
株で大事なのは損切りと言われていますが、最初の内は損切りを上手くできずに損切り貧乏になってしまうか、損切りできないぐらいに大きな含み損を出してしまうというパターンが少なくありません。損切りが大事だと頭に入れすぎて、待つべきところを損切りして細かな損失が積もるようになり、それなら損切りをしないほうが良いと含み損になってもそのまま損切りをせずに放置をして最後の止めをさされてしまうということはありがちなので気をつけましょう。
株価が動いている理由がわからない銘柄に飛びついて、大きな損失を出してしまうということです。
連日急騰している株を見ると手を出してしまいたくなるものですが、理由もわからず飛びつくというのは非常にリスクが高いものです。
理由がわかっていてもこのように急騰してる銘柄というのは、過熱気味になっていることが多いのでタイミングが悪ければ大きな損失を出してしまう恐れがあるため、初動に乗りそこねた時には傍観をするのが賢明です。
特に株を始めたばかりという時には、このような値動きをしている銘柄に飛び乗ると上下に揺さぶられて高値で買わされ、安値で売らされるの繰り返しとなってしまいますから株価が動いている理由がわからない銘柄には手を出さないようにしましょう。
そして、最後に損失が積もってきた時に損失を取り戻すために、投資金額を増やして取り返そうとするのもご法度となります。
投資金額を増やせば、利益も増えるので取り返すことができる可能性も高くなりますがそれ以上に大きな損失を出してしまうことの方が多いので、特に始めたての頃は少し負けが混んだからといって投資金額を増やすのは避けましょう。