知っておいた方が良い株の知識

株で利益が出たら確定申告は必要?

株で利益が出た場合、確定申告が必要かどうかというのは取引している口座や利益によっても異なります。
まず、源泉徴収がある特定口座を利用している場合利益が出た時には証券会社が代わりに納税をしてくれるので、自ら確定申告をする必要はありません。
源泉徴収のない特定口座や一般口座を利用している場合には、一定の利益が出た時には確定申告をして納税をする必要があります。
利益が20万以内であれば確定申告の義務がないので、確定申告は必要ありません。
そのため、絶対に利益が20万円を超えないというのであれば利益が出る度に、源泉徴収をされてしまう特定口座よりも源泉徴収が無い方を選んでおいたほうが良いということになります。
しかし、20万以上の利益が出ないと考えていても保有している銘柄が大きな材料が出て、株価が何倍にも膨れ上がり利益が何十万となることもありますから、面倒な手間を掛けたくないというのであれば源泉徴収ありの特定口座を利用しておくのが一番無難といえます。
反対に損失が出た場合の話ですが、損失が出た時には当然納税の義務が発生しませんから確定申告は必要ありません。
ですが、株の損失というのは繰り越すことができるので利益が出た時よりも、むしろ損失を出した時の方が申告をする価値があり、損失を出した時に確定申告をしておけば翌年以降に利益が出た時に税金をとられることがなく過去の損失と相殺をすることができるのです。
このように株で利益が出た場合、必ずしも確定申告が必要というわけではなく源泉徴収がありであれば面倒な手続きも不要です。
源泉徴収がなければ利益によっては、確定申告をする必要が出てくるということを覚えておくようにしましょう。