知っておいた方が良い株の知識

株っていったいどういう仕組み?

投資に興味を持っている方が、疑問に抱く事の1つに「株の仕組み」があります。株とは何なのか、それがどうして利益を生み出すのか、投資を始める前に基本的な仕組みを押さえておきましょう。
まず、株とは企業が資金調達の為に発行している物です。投資家はこれを購入して、それと引き換えに経営に参加する権利や、利益分配を受け取る権利を得ます。この仲立ちをしているのが証券会社です。多くの投資家は証券会社を通じて様々な企業の株を購入できる仕組みになっています。
投資家が株を購入して企業が資金を調達すると、企業は調達した資金を利用して製品を生産したり、設備投資をしたり、新しい事業を立ち上げたりと活発に企業活動ができるようになるでしょう。そして、生産した製品を販売して利益を得たり、設備を更新してより効率良く製品を作れるようになったり、収益性の高い事業で利益を上げたりできます。こうして、企業が投資家から調達した資金を利用して利益を上げた後は、投資家が利益分配の権利として株主優待や配当金を受け取る事ができるのです。
投資によって企業はより大きな利益を上げる事ができますし、投資家は分配を受けて投資した額よりもお金を増やす事ができます。このように、「現在保有している資本を投じて、より大きな資本に拡大する」というのが株の基本的な仕組みです。
なお、経営に参加する権利は、総会に出席して投票に参加する等の形で行使できます。保有数が多い方は多くの票数を投じる事ができますので、会社経営に大きな影響を与える存在と言えるでしょう。保有数が多くなると、オーナー権を獲得して会社の経営権も握る事ができます。これを避ける為に、企業は株式の発行と銀行からの借入とのバランスを取りながら事業資金を調達しているのです。